スピードのルール

スピードの使用カードと配り方

使用カード

1組52枚(ジョーカーを除く)

配り方

カード52枚のうち、赤マークカード26枚(ハートとダイヤ)と黒マークカード26枚(スペードとクローバー)の二つの山に分けます。

赤の山札を黒プレイヤーが、黒の山札を赤プレイヤーがシャッフルして交換します。お互い手札を片手に持ち、目の前に「場札」となる4枚を表にして横に並べます。

ゲームの流れ

スピードの遊び方 その1

お互い自分の手札の一番上のカード1枚を、お互いの場札の間に横に並べて置きます。これが「台札」となります。

スピードの流れ その2

自分の場札から左右のどちらかの台札に数字が続くカードを見付け、あれば素早く台札の上に置きます。数字が続くカードとは台札が5なら4か6、QならJかKなど数が前後隣り合うカードのこと。A、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、J、Q、K、そしてAとKは隣り合うものと考えます。

スピードの流れ その3

台札に重ねるのは早い者勝ち、同じ台札の上に場札を置きにいったとき、先に相手に場札を置かれたら場札は元の位置に戻します。これがスピードというゲーム名の由来です。

当初、置ける場札がなくても相手が置いた場札に数字が続くカードが場札にあれば、その上に場札を置くことが可能です。

1ターン終了し、減った場札のスペースに手札からカードを補充しますが、お互い同時に「スピード」と掛け声を出しながら手札からカードを出します。

先に手札と場札を全てなくした側が勝者となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました