トランプのゴルフのルール

ゴルフとは

6枚の手札の合計点数が最も低い(減らした)プレイヤーが勝ち。

勘の勝負になるため子供でも楽しめ、捨て札を対戦相手が取る可能性があるため、どこか麻雀に似ています。

プレイ人数

2~9人可能。おすすめは4~5人。

使用カード

2~5人なら1組52枚(ジョーカー除く)。5~9人なら2組104枚。5人の場合はどちらを選んでもOK。

カードの点数

Aは1点、2は-2点、3~9は数字通りの点数。10、J、Qは各10点。Kは0点。

 

ゲームの流れ

カードの配り方

トランプのゴルフのルール・その1

親は左隣りから時計回りに1人1枚ずつ、1人6枚カードを配る。配られたカードは見てはいけない。残ったカードは伏せて山札として中央に配置。この時、一番上のカード1枚を表にし山札の隣に置く(捨て札の最初の1枚)。

プレイヤーは配られたカードを横3列、縦2列に並べる。

ゲームスタート

トランプのゴルフのルール・その2

全員が6枚の手札のうち、好きな2枚を同時に表にする。

カードを山札か捨て札の山から1枚取る

トランプのゴルフのルール・その3

親の左隣りから始める。手番になったら山札の一番上か、捨て札の山の一番上のカードを取る。

山札のカードを取った場合はカードを表にして見せ、捨て札の山の上に捨てるか、自分の手札と交換するかする。

捨て札のカードを取った場合は必ず自分の手札と交換する。

縦に同じ数字が並ぶと0点になる

トランプのゴルフのルール・その4

カードは縦に同じ数字が並ぶと点数が「0」になる(横では駄目)。そのため如何に同じ数字を揃えるかが勝敗を左右する。しかし、2は-2だが縦に並べば同じく「0」となるため損になる。

捨て札により戦況が変わる

トランプのゴルフのルール・その5

山から取ったカードと手札を交換する時、捨てるカードが2など価値あるカードでも必ず捨てなければいけません。そして捨てれば次のプレイヤーがそれを取ることができるので有利になります。捨て札は戦況に大きく作用します。

誰かの手札全てが表になったら終了

トランプのゴルフのルール・その6

プレイヤーのうち誰か1人の手札全てが表になるとゲーム終了。他のプレイヤーも手札を表にし採点して結果を求めます。これで1ディールが終了です。

誰かの山札が全て表になる前に山札がなくなった場合、山札の最後の1枚を取った人が捨て札を出し、そのカードを次の人が拾わなければゲーム終了。拾われた場合は、拾った人が捨てた捨て札を次の人が拾わなければゲーム終了。拾う人がいなくなるまで続きます。

ディール回数は参加人数分

トランプのゴルフのルール・その7

ディールはプレイヤーの人数分行う。全ディールが終了し最も合計点の少ない人が勝者となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました