こいこいのルール

こいこいとは

花札のこいこい

・使用する花札:48枚
・参加人数:2人

こいこいは2人用の花札ゲーム。2人で交互に同じ月の札と札を合わせ取り、「出来役」を先に作って「勝負」を宣言した方が勝ちです。そのため、極端にゲームが早く終わることがあります。

こいこいは出来役が完成したら、完成させたプレイヤーが「こいこい」か「勝負」を選択します。「こいこい」は勝負続行、「勝負」はゲーム終了です。まだ、役が作れそう(点数を上乗せできそう)と判断すれば「こいこい」、もう作れない、今の出来役で十分、相手が先に出来役を完成させそうと判断したなら「勝負」を宣言しましょう。

相手が「こいこい」を宣言した後でも「勝負」はかけられますし、自分が「こいこい」を宣言した後に、新しい出来役が完成した時も「勝負」をかけられます。

花札はローカルルールた沢山ありますが、こいこいも例外でなく特定地方の出来役や独自ルール(こい倍ルール、7点以上は倍の得点など)があり、ここで紹介しているルールはあくまで一例と考えて下さい。

 

 

こいこいの流れ

1.プレイヤー2人と親を決める
参加希望者が3人以上いる場合、「めくり札」で参加者を決めます。親もめくり札で決めます。

花札では親はめくり札で決めます。山札から1人1枚ずつ札をめくり、最も数の少ない月の札をめくった人が親です。同じ月ならより札の点数の高い人が親です。同じ月、同じ点数の札を2人以上がめくった場合は、その人達だけでもう一度めくり札を行います。

参加者の決定もめくり札を使います。めくった札の月が最も少ない上位2人が参加者になります。月が重複したなら札の点数、点数も重複したならもう一度めくり札を行います。

2.手八場八に札を配る
親は自分と子、それぞれ手札8枚、場札8枚に配ります。これを「手八場八」といいます。

親は子に裏返しで4枚、場に表向きで4枚、自分に裏返しで4枚配る。もう一度、子に裏返しで4枚、場に表向きで4枚、自分に裏返しで4枚配る。最後に残った札を山札として置く。これが手八場八という配り方です。
手八場八の配り方の図

3.ゲームスタート
親から初めます。手札から場札の同じ月の札を合わせ取ります。無ければ好きな手札1枚を場に置きます。

次に、山札を1枚取り、場札の同じ月の札を合わせ取ります。無ければ場に置きます。合わせ取った札は脇に相手に見えるように置きます。これで1ターン終了、相手のターンになります。

4.一月分の終了
どちらかが「勝負」を宣言(出来役を完成)したら一月分のゲームが終了。他にお互いの手札8枚が無くなっても終了。双方、出来役を作れず終わった、「こいこい」後に出来役を作れなかった場合は、「親権(おやけん)」として親の6点勝ちとなる。

ルールによっては、「勝負」の宣言でゲーム終了しなかった場合、終了時期に最も近い時期に「こいこい」を宣言していた方が勝利というものもある。

5.ゲームは12ヶ月行われる
こいこいは12ヶ月、つまり12回戦行いその合計点数で勝敗を決めます。長いと感じるなら3ヶ月や6ヶ月でもいいでしょう。

 

 

こいこいの出来役と役代

五光(ごこう)・15点

20点札5枚すべて揃えた役。

松と鶴桜と幕芒と月柳と小野道風桐と鳳凰

四光(しこう)・10点

「柳に小野道風」以外の20点札4枚揃えた役。

松と鶴桜と幕桐と鳳凰

雨入り四光(あめいりしこう)・8点

「柳に小野道風」を含む、20点札4枚揃えた役。

松と鶴桜と幕芒と月柳と小野道風桐と鳳凰

三光(さんこう)・6点

20点札のうち、どれか3枚揃えた役。「柳に小野道風」を除くという条件付きルールもある。

桜と幕芒と月桐と鳳凰
または
松と鶴桜と幕柳と小野道風
など

手四(てし)・6点

同じ月の札4枚全て揃えた役。

松と鶴松と赤短松のカス松のカス
など

赤短(あかたん)・6点

文字入り赤短冊札3枚揃えた役。

松に赤短梅に赤短桜に赤短

青短(あおたん)・6点

青短冊3枚揃えた役。

牡丹に青短菊に青短紅葉に青短

花見で一杯(はなみでいっぱい)・5点

「桜に幕」と「菊と盃」を揃えた役。

桜と幕菊と盃

月見で一杯(つきみでいっぱい)・5点

「芒に月」と「菊と盃」を揃えた役。

芒に月菊と盃

猪鹿蝶(いのしかちょう)・5点

「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」を揃えた役。

萩に猪紅葉に鹿牡丹に蝶

タネ・1点

10点札9枚のうち、どれか5枚揃えた役。1枚増える毎に+1点加算。

梅に鶯藤に不如帰牡丹に蝶芒に雁菊に盃

菖蒲と八橋萩に猪紅葉に鹿柳に燕梅に鶯

タン・1点

5点札10枚のうち、どれか5枚揃えた役。1枚増える毎に+1点加算。

藤に短冊萩に短冊菊と青短紅葉に青短柳に短冊

松に赤短梅に赤短桜に赤短菖蒲に赤短牡丹に青短
など

カス・1点

1点札24枚のうち、どれか10枚。1枚増える毎に+1点加算。

松のカス松のカス梅のカス梅のカス桜のカス
桜のカス牡丹のカス藤のカス菖蒲のカス桐のカス

萩のカス萩のカス芒のカス芒のカス菊のカス菊のカス紅葉のカス紅葉のカス柳のカス桐のカス
など

親権(おやけん)・6点

2人とも出来役を作れず終了した場合、親に親権がつく。

化札(ばけふだ)

「菊に盃」は10点札とカス札、どちらにも(一方のみ)数えることができる。

菊と盃

コメント

タイトルとURLをコピーしました