花合わせのルール

花合わせのルール

花合わせ

・使用札:48枚
・人数:3人

花合わせは取り札の点数と出来役の点数の合計点数を競うゲームです。取り札の点数は一般的な花札の点数と同じ。

 

ゲームの流れ

1.ゲーム参加希望者の中から親を決める

花札では親はめくり札で決めます。山札から1人1枚ずつ札をめくり、最も数の少ない月の札をめくった人が親です。同じ月ならより札の点数の高い人が親です。同じ月、同じ点数の札を2人以上がめくった場合は、その人達だけでもう一度めくり札を行います。 参加者の決定もめくり札を使います。めくった札の月が最も少ない上位2人が参加者になります。月が重複したなら札の点数、点数も重複したならもう一度めくり札を行います。

2.参加する3人を決める

参加希望者が3人より多ければ「出る・下る」の宣言をして参加者を決めます。これは親の右隣から順番に参加したければ「出る」、不参加なら「下る」を宣言していく方法。ゲームによっては下る時に「下り賃」を支払う場合もあります(花合わせにはない)。

「出る・下る」を宣言してもまだ参加者が多い場合、4人目移行の人達は強制的に下ります。このルールを「追い込み」といい、ゲームによっては参加者から強制的に下った人達に「追い込み賃」が支払われます(花合わせにはない)。

参加候補者の残り人数とゲームに必要な人数が同じ場合は「しばり」を行います。5人いて3人参加者が必要な場合、最初の2人が下りを宣言すると残りの3人は必ずゲームに参加しなくてはならず「下り」が禁止されます。これが「しばり」です。

選ばれば3人のプレイヤーは親から反時計回りに「胴二(どうじ)」「ビキ」と呼び、ゲームの進行方向もこの回りで行います。

3.札を手七場六で配る

花合わせは親が手札7枚、場札6枚の「手七場六」という方法で配ります。下図の数字は配る順番を示しています。
花合わせの手七場六の配り方の図

4.手札による特殊な役の確認

ゲーム開始前に配られた手札に下記の特殊な役があれば、役を公開して役代を貰います。公開された札は他2人にとっては場札扱いとなります。しかし当人にとっては手札であり場札としては使えません。

公開した手札を他の2人に合わせ取られた場合、自分の手札は減ります。手札が無くなれば順番が来た時に山札と場札を合わせるだけになります。

七カス・30点 手札の7枚全てが1点札の役。他の2人から30点ずつ貰い、7枚は公開する。
松のカス梅のカス桜のカス藤のカス菖蒲のカス
牡丹のカス萩のカスなど
六カス・20点 手札7枚のうち6枚が1点札の役。1点札の6枚は公開して残りの1枚は隠したまま持つ。
芒のカス菊のカス紅葉のカス柳のカス桐のカス
桐のカスなど

5.ゲームスタート

ゲームは親→胴二→ビキの反時計回りで行います。順番が来たら手札の1枚と場札の同じ月の札と合わせ取ります。次に山札から1枚めくり、場札に同じ月の札があればこれも合わせ取ります。手札にしても山札にしても合わせられない札は場に並べます。これが1回です。

親から順番に7回ずつ進めると手札が全て無くなります。手札が無くなる時には場札も綺麗に無くなりゲーム終了となります。

6.取り札の特殊な役と出来役を確認する

ゲームが終了したら「取り札の特殊な役」と「出来役」を確認します。

「取り札の特殊な役」はゲーム終了後、「出来役」の計算前に下記の役があるか確認します。特殊な役が成立した場合、点数計算の方法が変わります。

フケ 取り札の合計が20点以下の役。「フケ」になると今回のゲームは3人共に引き分けになる。
雨シマ役流し 柳札4枚を集めると集めた人の全ての出来役が無効になる焼く。取り札の点数のみで計算する。

「取り札の特殊な役」の確認が終わったら「出来役」の確認をします。

7.点数計算

各自の取り札と出来役の点数を計算します。次に「出来役の支払い」を行います。まず作った出来役の点数を他2人から支払ってもらい、自分も他2人の出来役の点数を支払います。

例えば結果が以下になったとします。

取り札の合計点 出来役の合計点
90点 40点
胴二 70点 0点
ビキ 104点 60点

親の出来役が40点、胴二が0点、ビキが60点。親は他2人から40点ずつ貰えますが、ビキが60点なので差額(40貰って60支払う)の20点をビキに支払い、胴二から40点貰います。

胴二は親が40点、自分が0点なので親に満額40点支払い、ビキにも満額60点支払います。

ビキは他2人から60点ずつ貰えますが、親が40点なので差額(40支払って60貰う)20点貰い、胴二から60点貰います。尚、支払いは取り札で行います。

計算した取り札と出来役の支払い済み結果の合計点から基準点の88を引きます。それが今回のゲームの点数となり、全12回戦が終わったら合計点数を出して勝敗を決めます。

最終的な計算結果は以下。

式:取り札の合計点 + 出来役の支払い済み結果 - 基準点 = 結果

親  90点 + 20点 - 88 = +22点
胴二 70点 + (-100点) - 88 = -118点
ビキ 104点 + 80点 - 88 = +96点

花合わせの得点計算は分かり辛く、単純に取り札と出来役の各自の合計点を競うだけでもいいでしょう。

 

 

花合わせの出来役

五光(ごこう)・200点

20点札5枚全て揃えた役。

松に鶴桜に幕芒と月柳に小野道風桐と鳳凰

四光(しこう)・60点

「柳に小野道風」以外の20点札4枚揃えた役。

松に鶴桜に幕芒と月桐と鳳凰

赤短・40点

「松に赤短」「梅に赤短」「桜に赤短」を揃えた役。

松に赤短梅に赤短桜に赤短

青短・40点

「牡丹に青短」「菊に青短」「紅葉に青短」を揃えた役。

牡丹に青短菊に青短紅葉に青短

七短・40点

「柳に短冊」以外の5点札7枚揃えた役。

松に赤短梅に赤短藤に短冊菖蒲に短冊萩に短冊
菊に青短紅葉に青短
など

六短・30点

「柳に短冊」以外の5点札6枚揃えた役。

松に赤短梅に赤短藤に短冊菖蒲に短冊萩に短冊
菊に青短
など

表菅原・30点

「松に鶴」「梅に鶯」「桜に幕」の3枚を揃えた役。

松に鶴梅に鶯桜に幕

のみ・30点

「桜に幕」「芒に月」「菊に盃」の3枚を揃えた役。

桜に幕芒に月菊に盃

松桐坊主・20点

「松に鶴」「桐に鳳凰」「芒に月」の3枚揃えた役。

松に鶴桐に鳳凰芒に月

猪鹿蝶・20点

「萩に猪」「紅葉に鹿」「牡丹に蝶」の3枚揃えた役。

萩に猪紅葉に鹿牡丹に蝶

くさ・20点

「藤に短冊」「菖蒲に短冊」「萩に短冊」の3枚揃えた役。

藤に短冊菖蒲に短冊萩に短冊

花見で一杯・20点

「桜に幕」「菊に盃」の2枚揃えた役。

桜に幕菊に盃

月見で一杯・20点

「芒に月」「菊に盃」の2枚揃えた役。

芒に月菊に盃

藤シマ・20点

藤の札4枚揃えた役。

藤に不如帰藤に短冊藤のカス藤のカス

桐シマ・20点

桐の札4枚揃えた役。

桐に鳳凰桐のカス桐のカス桐のカス

コメント

タイトルとURLをコピーしました