2017-11

スポンサーリンク
photoretouch

アルファチャンネルを使う

アルファチャンネルとは アルファチャンネルは「選択領域を保存する」事が出来る機能です。 具体的にどういった事に役に立つかと言うと、CGイラストを描く場合、レイヤーという機能を使って描く事が基本になります。レイヤーとは、透明のキャンバス(セル...
photoretouch

GIMPのプリセットの使い方

プリセットの使い方 ツールオプションの設定を保存する では、まずツールオプションの設定の「保存」を紹介します。パラメータを保存する時は、下部ボタンの一番左「オプションをファイルに保存」を選択します。 この時保存されたプリセットは、ユーザ...
photoretouch

GIMPのクイックマスクの使い方

クイックマスクの基本 その1 画像にクイックマスクを適用するには、画像ウインドウ左下の破線で描かれた円をクリックします。 その2 すると画像全体に赤いフィルムを掛けられた様になります。 その3 マスクは「白」で塗ると消え、そこ...
photoretouch

GIMPで線画抽出を行う

取り込んだ画像の線画を抽出する 「色を透明度に」を使う 線画抽出する画像を表示させたら、「色」→「色を透明度に」を選択。 線画以外を飛ばす この時色選択の意味は、選択した色と最も近い色から消していき、最も離れた色に向かって残す、とい...
photoretouch

GIMPでスクリーントーンを作る

スクリーントーンの作り方 模様の作成 最初にトーンパターンを描く為の画像を用意します。画像のサイズはトーンパターンによりけりです、より薄いスクリーントーンを作る時ほどピクセル数を大きくします。 一般的なドットで表現されているタイプのトー...
photoretouch

GIMPでパターンを作る

パターンの作成、登録 パターン用の新規画像を作成する まずはメニューから「ファイル」→「新規」を選び、幅と高さは必ず同じピクセル数にします。つまり正方形にするという事です。今回は256×256ピクセルで作成しています。画像はRGBです。 ...
photoretouch

GIMPでオリジナルブラシを作る

普通のブラシを作る ブラシにする画像を作る まず、自分がブラシにしたい画像を用意します。ここでは先の細い所を塗るという前提で、先の尖った三角形のブラシを作る事にします。 画像をブラシ形式で保存 完成した画像は、グレースケールモードに...
photoretouch

GIMPで漫画の集中線を描く

フィルタで集中線を描画 手順1 まず、300x450の画像を新規作成します。 その画像に縦右半分を黒で塗り潰します。 手順2 そこに「フィルタ」→「歪み」→「風」を三回適用します。 ここでは「閾値25」、「強さ15」で掛けています。 手...
photoretouch

GIMPで瞳の輝きを表現する

レイヤーモードの活用 GIMPにはレイヤーモードという機能があります。これは、レイヤーに独自のモードを設定する事によって画像に変化を加える物です。 GIMPには沢山のレイヤーモードが用意されています。これは他のフリーのグラフィックソフトよ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました